日本BSC学会とは

 

 リーマンショックや東日本大震災の後、日本の経済再興を目指して政府や外郭団体、企業や組織・任意団体がそのための政策・施策を計画し施してきている。特に医療・介護・福祉・保健の分野に対して、平成24年から医療・福祉計画・健康管理に及ぶ広い範囲での再興・再編の動きが起き上がってきている。特に平成26年度からは保険者としての企業や自治体などがその保険者機能強化を目的に、本格的な健康経営を目指してビジョンを制定し、戦略・戦術を計画しPDCAを廻してその達成に取り組む姿勢を求められている。これは、まさしくBSCの手法そのものである。しかし、多分にBSC手法は形式にとらわれすぎて、BSCの本質を理解されないまま導入実行されているケースを散見する。そこで、我々は、日本BSC学会と銘打ち、201441日付けにて任意団体として発足させ、BSCにまつわる推進上の問題点の解決や導入・実践活動を戦略にフォーカスされた組織風土づくりなどのBSCの基本理論の実践を支援する学会活動を実施することになった。

学会活動は、BSC導入実践研究を通して、成長・育成モデルの策定やBSC実践のためのカウンセリングサービスなどを手掛けるとともに、日本の再興への架け橋として必要な活動を実施する。(設立趣意書より)

【写真は吉川武男教授】


設立年月日: 2014年4月1日


事務局住所:〒231-0011 横浜市中区太田町6-79

アブソルート横浜馬車道ビル3階(下記G-MAP参照)

http://pharmachem.co.jp/access.html

          ファーマケム ジャパン株式会社 内

2019年度 活動計画:BSC プロモータ―の育成

2018年度 活動計画:BSC プロモータ―の育成

BSC Promotorの育成のための研修コースを確立する。特に日本の少子高齢化対策などに寄与する。

日本BSC学会総会議事録.pdf
PDFファイル 101.5 KB

 医療・介護・福祉・健康分野ヘのBSCプロモーターを育成する研修カリキュラムの実施

2017年度 研究テーマ:BSCの実践支援

Work Life Balanced Scorecard (WLBSC) について研究する 

2016年度 研究テーマ:BSCの実践支援

2015年度 研究テーマ:BSC成功の鍵は戦略の質を評価する基準は!



BSC Collaborative

医療介護福祉健康分野の関係者煮に贈る原因探求を可能にする解析手法と事例を著わしています。

学会理事の成田徹郎の著書です。

ご購入希望者は下記にメールでご連絡アください。

tn453123@gmail.com